二十四節気

立春 りっしゅん
雑節の基準日で、八十八夜、二百十日などの起算日。この日から春らしくなる、2月4日頃。
雨水 うすい
雪や氷が溶け雨水となる、2月19日頃。
啓蟄 けいちつ
冬ごもりの虫が地中から這い出る、3月6日頃。
春分 しゅんぶん
太陽が黄経零度の春分点を通過し、昼と夜の時間が等しくなる日で以後は昼が長くなる、3月21日頃。
清明 せいめい
草や木が芽を出し始める、4月5日頃。
穀雨 こくう
穀物をうるおす春雨も温かくなり穀物の芽が伸びてくる、4月20日頃。
立夏 りっか
夏の気配が感じられこの日から夏らしくなる、5月6日頃。
小満 しょうまん
穀物、草木等が茂って天地に満ち始める立夏の後15日目に来る、5月21日頃。
芒種 ぼうしゅ
芒穀物(稲や麦)類の種を蒔く時期の、6月6日頃。
夏至 げ  し
太陽の赤緯が最北となり、北半球では南中の高度が最も高く、昼が一番長い、6月22日頃。
小暑 しょうしょ
暑さが本格的になる、暦の上では夏至の後15日目に来る、7月8日頃。
大暑 たいしょ
気候的に梅雨明け後の一年中で最も暑気の激しい、7月24日頃。
立秋 りっしゅう
秋の気配が感じられ、この日から秋らしくなる、8月8日頃。
処暑 しょしょ
立秋と白露の中間で暑さも除々に後退しはじめる、8月24日頃。
白露 はくろ
大気が冷えて白い露が葉の上に見え出す、秋分の15日前9月8日頃。
秋分 しゅうぶん
太陽が秋分点を通過し昼と夜の時間が等しく、以後夜の方が長くなる、9月23日頃。
寒露 かんろ
露が冷気で霜になりそうな、霜降15日前の10月9日頃。
霜降 そうこう
露が冷気で霜になり降り始める、10月24日頃。
立冬 りっとう
冬の気配が感じられ、この日から冬らしくなる、11月8日頃。
小雪 しょうせつ
小雪がちらちら降り始める、11月23日頃。
大雪 たいせつ
雪が激しく降り出し始める、12月8日頃。
冬至 とうじ
太陽の南中度が北半球では最低で昼間が最も短く、以降日が長くなって来る、12月22日頃。
小寒 しょうかん
冬至後15日目で寒気がようやく強くなり始める「寒の入り」、1月6日頃。
大寒 たいかん
気候的に一年中で最も厳しくなる、1月20日頃。