サッカー組織一覧

サッカーとは

サッカーは、球形のボールを用いて1チーム11人の2チーム間で行われるスポーツ競技のひとつです。200を越える国で250万人を越える選手によってプレーされており、世界で最も人気のあるスポーツとなっています。

サッカーを近代的な「スポーツ」として成立させたのがイングランドにおけるパブリックスクールで、フットボールは学校毎にルールが異なり、他校との試合の際はその都度ルール調整のための話し合いが持たれていました。

しかし、これでは手間もかかる為、共通ルールが1846年ケンブリッジ大学で立案されました(ケンブリッジルール)。これが現在のサッカーのルールの基になりました。こうして1850年代までにはイートン・カレッジを中心とする「手を使うことを禁止するルール」と、ラグビー校を中心とする「手を使うことを許可するルール」との二大勢力に収束していきましたが、両者の間には依然として大きな隔たりがありました。

長きにわたる対立を解消しようと、1863年10月26日にロンドンの12(11とする資料もある)のクラブがフットボール協会を設立する為に集まり、最終的なルール統一を目指した協議が開催されました。一部のクラブの代表は、ボールを持って走ること、ボールを運んでいる相手にハッキング(すねをけること)、トリッピング(引っ掛けてつまずかせること)およびホールディング(おさえること)を行うことが認められなくなったことに合意できず、遂に2つの競技(サッカーとラグビー)の決別が図られました。これこそがサッカー誕生の瞬間です。

「手を使うことを禁止する」ルールを主張していたパブリックスクールの代表者らによって、フットボール・アソシエーション(Football Association 略称FA)が設立され、その後、6回のミーティングを持って、14条から成る世界で最初のサッカー統一ルールが誕生し、1863年12月19日にイングランドで世界初のサッカーの試合が行われました。