優勝カップの由来

古代ギリシアの哲学者・科学者のアリストテレスの記載にある通り、古くは、敵の頭蓋骨でカップを作り、戦勝を祝う風習から端を発し、後に、これを金銀で飾り、宝石をちりばめるなどして、部族中最高の勇者にそのカップで酒を勧めたと言われています。

又、古代ギリシャの詩人、ホメロスの作品の中にも、火と鍛冶の神「ヴァルカン」が神々を和解させる為にカップを贈ったと言う表現もある事から、カップは古くから限られた人に与えられる貴重品であったことが伺えます。

カップの形状や材質には限りがなく様々であったが、クリスタルは珍重されていた様であり、イスラム教君主カリフ、ハルン=アル=ラシッドが神聖ローマ皇帝シャルルマーニュに贈ったと言われる巨大なカップは、その銀の足に金と七宝の網目模様が施されていました。

ルネッサンス時代には、カップにカットを入れる技術が発達、カップは銀食器同様次第に実用性を失い、奢侈(しゃし)品化していきました。

≫定番スタイルの優勝カップははこちらをご覧下さい

≫V-Shika 優勝カップのカテゴリー詳細はこちらをご覧ください

≫優勝カップ(金属製絞り)の製造工程 (パインシルバーカップ・ジョイカップ等)

≫トロフィー・優勝カップ・メダル等のアンチモニー製品の製造工程