電鋳製品の製造過程


電鋳製品の製造過程

  1. 金  属  型・・・銅板を彫金又は打出しによって原型が作成される。
    石  膏  型・・・粘土より石膏に移し、肖像等の柔らかいタッチが出せる。
    アクリル型・・・アクリルに直接機械彫刻。看板・プレート製品等に向く。
  2. 彫刻された原型には、電鋳母型でP型(凸)・N型(凹)2種あり、その母型に、平滑修正やアラシ・光沢・タガネ打ち等の加工を加え完成させる。
  3. 金・銀・銅・ニッケルを電鋳するそれぞれの材質及び厚さに応じ、電流と時間管理で所定の厚さの物が作られる。
  4. 電鋳された製品は不要な箇所をプレス外形抜き又はシャーリングで切断する。円形は、殆どの各径抜き型がある。
  5. 裏面にネジ・ビス等をハンダ付けする。
  6. めっき・イブシ・彩色等の表面処理をする。
  7. 変色(サビ)防止の為、メラミン透明ラッカーを表面に塗装する。
  8. 塗装焼付けは、自然乾燥で仕上げる。