国旗の掲揚法

  1. 竿頭と旗との間隔をあけず、出来るだけ密着させる。竿頭と旗の間隔をあけると半旗となり、弔意を表す事になる。
  2. 各国の国旗を2旗以上掲揚する場合は、各国の旗の大きさ、掲げる高さは、全て同じにする。
  3. 外国旗を掲げる場合、一般的には日本の国旗も掲げなければならない。そして、2旗以上掲揚する場合は、旗に向かって左側を上位とする。国旗と国旗以外の他の旗を掲げる場合は、国旗を上位(向かって左側)に掲げる。
  4. 国旗は原則として、その国の国旗に優先権が与えられる。従って日本において他国の国旗を並べる場合は、日本の国旗を上位に掲げる。
  5. 3ヶ国の国旗を掲揚する場合は、日本国旗を中央にして、他の2ヶ国は国名アルファベット順に従い、先順位の外国旗を日本国旗の向かって左、後順位の外国旗を日本国旗の向かって右に掲揚する。
  6. 1本のポールに2ヶ国以上の国旗を取付けない。

万国旗