鉄・アルミ・真鍮鋳物製品の製造工程

  1. 木型・石膏型の2種類があり、デザインに合わせて使用する。
  2. 原型から量産用金型を製作する。
  3. 量産用金型を利用して砂型(鋳型)を用意する。
  4. 鋳型に溶かした地金を流し込む。
  5. 型から取出し、型の合わせ目、その他のバリを取る。
  6. 鋳物の表面をめっき・着色しやすい様に磨く。
  7. めっき又は着色作業。
  8. 透明エナメルにて塗装する。
  9. 塗装を乾燥させる。

注…現物から砂型を取り製造も出来るが、真鍮・アルミの場合は16/1000縮小、
   鉄の場合は24/1000縮小される。

表彰楯・トロフィー・優勝カップの画像