年の生活行事

1月
元旦
1月1日。元旦の〔元〕は1月1日、〔旦〕は朝日が昇ることで1日の朝を表す。
事始め
1月2日。何事もこの日に始めると一年中「うまく」事が運ぶと言われる。
御用始
1月4日。官公庁は年末年始の休暇が明けて仕事を始める。
七草
1月7日。春の七草(せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ)を入れて炊いた粥を食べる。
鏡開き
1月11日。正月に神や仏に供えた鏡餅をおろし、雑煮や汁粉に入れて食べる。
成人の日
1月の第二月曜日。大人になった事を自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます国民の祝日。
薮入り
1月16日。奉公人や嫁入りした女性が暇をもらって親元または請人の家へ帰る日。
二十日正月
1月20日。正月の祝い納めとして、塩鰤の骨や頭・大根・大豆を煮て食べることから「骨正月」とも言われる。
2月
節分
2月3日。柊の枝に鰯の頭を刺したものを戸口にはさみ「鬼は外」と豆を蒔いて厄払いをする。
初午
2月最初の午の日。稲荷神社で初午祭が行われる。
針供養
2月8日。裁縫などに使って折れた針を、豆腐やコンニャクに刺したり、淡島神社に納めたりして供養する。その日一日は裁縫を休む。
建国記念日
2月11日。建国をしのび、国を愛する心を養うという趣旨の国民の祝日。1967年(昭和42年)より実施される。
バレンタインデー
2月14日。三世紀頃殉教した聖バレンタインの祭日。愛の告白とされ、特に日本では、女性が男性にチョコレートを贈り、愛を告白する日。
3月
雛祭り
女の子のいる家で、女の子の幸福を祈るために、雛人形やその調度類を飾り、白酒・菱餅・桃の花などを供えてまつる。
ホワイトデー
3月14日。バレンタインデーにチョコレートをもらった男性が、そのお返しに女性へ菓子などの贈り物をする日。
春分の日
3月21日頃。実施日は、国立天文台が前年の2月に官報で公表する。春分にあたり自然をたたえ、生物をいつくしむ国民の祝日。昔の春季皇霊祭。
4月
エイプリルフール
4月1日。午前中には人をからかうような、害のない嘘をついても良いという風習。最も多く伝えられている起源説は、フランスのグレゴリオ暦にある。
花祭り
4月8日。釈迦の誕生日を祝う潅仏会で甘茶をそそぐ。
昭和の日
4月29日。昭和天皇の誕生日で国民の祝日。
5月
メーデー
5月1日。労働者の祭典。1920年5月2日第一回のメーデーが上野公園で行われ「八時間労働制の実施」「失業の防止」「最低賃金法の制定」等訴えた。
八十八夜
5月2日頃。立春から数えて八十八日目に当たる日で、この頃から霜もない気候となり、苗代のもみ蒔き等農作業の目安とされる。
憲法記念日
5月3日。日本国憲法の施行「1947年(昭和22年)」を記念とする国民の祝日。
みどりの日
5月4日。自然に親しむと共にその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ国民の祝日。1989年(平成1年)制定。4月29日を「昭和の日」とするに伴い、2007年から5月4日に変更となる。
子供の日
5月5日。子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかると共に母に感謝する国民の祝日。
愛鳥週間
5月10~16日。繁殖期に入った野鳥に対して障害とならないよう配慮し、併せて野鳥とそれを取り巻く環境について再認識する日。
母の日
5月第二日曜日。日頃の母の苦労をねぎらい、母へ感謝を表す日。母の日の由来は、アメリカ大統領ウィルソンが5月の第二日曜日を母の日と制定したと言われる。
6月
時の記念日
6月10日。時間を尊重し、生活の合理化を進める目的で、1920年(大正9年)に制定された記念日。
父の日
6月第三日曜日。父に感謝の気持ちを表す日。父の日の由来は、アメリカの「ジョン・ブルース・ドット婦人」が1909年6月19日(第三日曜日)に制定提唱したと言われる。
7月
海開き・山開き
7月1日。各地で海水浴場開き・夏山登山開きと、夏のスポーツが始まる。
七夕
7月7日。「星癸」とも言い、笹竹の葉に五色の短冊を飾り、学問や手芸の上達を祈る。
海の日
7月第三月曜日。海の恩恵に感謝すると共に海洋国日本の繁栄を願う、国民の祝日。1996年(平成8年)より実施され、当初7月20日に定められたが、2003年より変更となる。
8月
原爆記念日
8月6日(広島)・8月9日(長崎)に原爆が投下された日。
終戦記念日
8月15日。1945年(昭和20年)8月14日ポツダム宣言を受諾し、15日に連合国側に無条件降伏した日。
9月
二百十日
9月1日頃。立春から数えて210日目に当たる日。二百十日と共に台風が日本に一番接近する厄日とされる。
防災の日
9月1日。1923年(大正12年)に起きた関東大震災の教訓を忘れないという意味と、この時期に多い台風への心構えの意味を含めて1960年(昭和35年)に制定される。
敬老の日
9月第三月曜日。多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う国民の祝日。1966年(昭和41年)に制定され、当初は9月15日に定められたが、2003年(平成15年)より変更となる。
秋分の日
9月23日頃。祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ国民の祝日。昔の秋季皇霊祭。
10月
体育の日
10月第二月曜日。スポーツに親しみ、健康な心身を培う国民の祝日。1966年(昭和41年)に制定。オリンピック東京大会の開会式の日(10月10日)に定められたが2000年(平成12年)より変更となる。
11月
文化の日
11月3日。自由と平和を愛し、文化を進めることを趣旨とする国民の祝日。毎年文化の日には秋の叙勲「黄綬褒章」「紫綬褒章」「藍綬褒章」が贈られる。
いい夫婦の日
11月22日。毎月22日は夫婦の日とされ、特に11月22日は「いい夫婦の日」とした特別の日と言われる。
勤労感謝の日
11月23日。勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う国民の祝日。
12月
天皇誕生日
12月23日。今上天皇の誕生を祝う国民の祝日。
クリスマス
12月25日。キリストの降誕生を祝う祭り。太陽の新生を祝う冬至祭と融合したものとも言われる。
御用納め
12月28日。官公庁でその年の仕事を終わりにする。
大晦日
12月31日。毎月の最後の日を「晦日」、一年を締めくくるこの日を「大晦日」と言う。