液晶製品の製造工程

1.スミ入れ加工→2.乾燥→3.アンダーコート加工→4.乾燥→5.液晶入れ加工→6.乾燥→7.エポキシ樹脂加工→8.乾燥→9.仕上げ

  1. 空枠を固定し、汚れをふき取った後、特殊インク(スミ)を入れる。
  2. スミ入れ後、自然乾燥にて約10時間、オーブン(80℃)で約1時間乾燥。
  3. 液晶付着強化の為、透明樹脂を塗る。
  4. オーブン(80℃)で約1時間乾燥。
  5. 液晶の原材料は天然のコレステロール(魚介類の油の一種)を加工したもので、発光も発色もしないが、光の屈折及び温度差(16℃~34℃)にて色変化を生み出す。
  6. オーブン(30℃)で約30分乾燥。
  7. エポキシ樹脂(透明)にて液晶全体を覆う。
  8. オーブン(50℃)で約3時間乾燥。
  9. アセトン(液体)にて拭き取り仕上げ。

タイカフスセット-液晶仕様サンプル・ペンダント-液晶仕様サンプル