表面処理(鍍金)の概要と利点・欠点

  設備例 概要と用途 利点 欠点
電気鍍金 電気鍍金設備画像 電解溶液中で品物を陰極として通電し表面に鍍金金属を折出させるもので、装飾、防錆、機能と様々な目的に応じて比較的安価に、適切な金属皮膜を付与できるために、装身具、雑貨用品等に広く供される。 量産品から多種小量品まで加工可能。
多彩な金属質感を付与でき、高価な金属の優れた特性を良好な密着性をもった皮膜として、種々の金属素材や不導体素材上に付与できる。
形状によっては、膜厚にムラが生じる。
排水処理が必要。
無電解鍍金 無電解鍍金設備画像 溶液中での還元反応を利用して品物の表面に鍍金金属を折出させるもので、金属から非金属に至るまで広く鍍金が可能であり、膜厚精度も極めて高い為、主に機能を重視した工業的用途に供される。
特に、プラスチック鍍金の下地として不可欠である。
均一な膜厚が得られ、不導体素材でも良好な密着性を持った鍍金ができる。
殆どの金属、非金属に鍍金が可能。
素材によって特殊で複雑な前処理が必要。
排水処理が必要。
真空鍍金 真空鍍金設備画像 溶液内を真空にして、金属や酸化物、窒化物などをガス化或いはイオン化して品物表面に蒸着させるもの。
真空蒸着手法は装飾、機能の分野で活用されており、半導体製造に不可欠の技術である。
大半の金属素材、非金属も処理可能。
金属のみならず、化合物薄膜も被覆できる為、装飾性に優れた超硬質皮膜を得ることができる。
電気鍍金と比較すると、かなりの高温処理となり、コストも高い。
溶融鍍金  溶融鍍金設備画像 亜鉛や錫、アルミなどの金属を溶融した中に品物を入れ、それぞれの金属を付着させるもので、代表的な例は亜鉛やアルミを鍍金した鋼板で、比較的大型の構造物やシートに厚膜が鍍金される例が多い。 面積の大きいもの、重量物などの防蝕鍍金に適している。
特に、構造物への亜鉛鍍金は数十年の防蝕性をもち、メンテナンスフリーである。
かなりの高温欲作業となり、鍍金の種類が制限される。
衝撃鍍金 衝撃鍍金設備画像 特殊な傾斜型容器内に溶液と品物を入れ、品物同士のこすれ合い(機械衝撃)を利用して亜鉛などの金属を表面に折出させるもので、防錆用に利用されている。
ボルトやナットなどの小物部品に均一な厚膜を付けるのに適している。
水素脆性がなく、膜厚の如何に拘らず処理時間が一定。
単一装置で全処理工程が行える。
形状が限定される(大物や絡み易い物に不向き)。鍍金の種類が亜鉛、錫、鉛、カドミウムなど軟らかい金属に限定される。