陶磁器製品の製造工程

陶磁器製品の製造工程

  1. 採  石:陶石を採石する事から始まる。
    粉  砕:粉砕機でより微粒にする。
  2. 水  簸:成型しやすい粘土にする為、更に精製。
    坏  土:不純物を除去・脱水し適度な固さになる。
  3. 適当に水分除去、陶土内の気泡を取る。この工程を怠ると、ひび・ひずみの一因になる。
  4. 円形の物は、ろくろ成型又はローラーマシン。角型や複雑な物は石膏型を利用して鋳込み又は圧力鋳込みで成型する。
  5. 乾  燥:天日による自然乾燥、又は乾燥機使用。
    仕 上 げ:つまみ・足等、付属部品の場合は、半乾き状態で細かく仕上げる。
  6. 原料の土の乾燥・強度を高め水分を除く。窯内の温度を徐々に上げ、800℃で約8時間焼成し、クリーム色の土が肌色になる。
  7. 下絵付け:焼成後は紺色となり、一般には染付けと呼ばれる。
    施    釉:釉薬を製品に流し掛け、浸し掛け、素焼きの表面に均一に掛ける。
  8. 徐々に温度を上げ、1,300℃になるまで約15時間焼成する。
  9. 絵模様の輪郭を骨描き(線描き)、又水墨画の様に濃淡をつけ陰影を付けたり、厚く盛り上げる様に描く事もある。
  10. 上絵付け製品は、800℃~1,000℃になるまで上絵窯で焼成される。未発色の絵具が少しずつ溶けガラス質の光沢ある色模様が浮き出てくる。