彫刻の種類

色々な素材に文字・マークなどを彫刻する事が出来ます。
優勝カップの台座に付けるプレートや、トロフィーや表彰楯などの文面など
彫刻する素材に合わせて様々な彫刻方法があります。

コンピュータ彫刻
最近の彫刻方法の主流であり、色々な書体にも対応可能で、データを元に彫刻する為、原版の必要がない。立体的な物にも彫刻出来る。

コンピューター彫刻

レーザー彫刻
レーザー光線を利用して彫る彫刻方法である。機械彫刻やコンピュータ彫刻に比較し、深く彫る事は出来ない。データを元に彫刻する。

レーザー彫刻

機械彫刻
彫刻機械に原版(文字版)をセットし、カッター(手作動)で彫る彫刻方法。コンピュータ彫刻では彫りにくい物や、指定書体・マーク彫に適する。
機械彫刻には、元になる原版(文字版)が必要となる。文字版製作にはアクリル樹脂やベークライト樹脂が用いられる。

機械彫刻

手彫り
タガネと木槌を用いて彫る方法で、最も高度な技術が要求される。機械彫刻と比較し、彫刻面が柔らかい感じに彫れる。

手彫り