た行(営業・管理・製造用語)

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
代引 代金引換の略
代金と引換えに製品を渡す売買形態
ダイヤカット 主に金属の装飾に使われる加工方法
ダイヤが刃物の先に付いたカッターを高速回転させ金属を削り取り模様を出す
削られた断面が美しい光沢を放つ
脱泡 本エポ製品で色を入れた後で色の中の気泡を真空釜の中で強制的に外に出す事
この作業を省略すると研磨した後、色の表面に気泡の跡が凹として残ってしまう
ダムシン 中近東ダマスカスから発達したと言われ、ダマシンとも言う
鉄肌に布目ゾウガンし、焼うるしで仕上げる
銅、真鍮等でその感じだけ出した安物もある
全世界に拡がった事もあるが、今はスペインのトレドと日本の特技として残っている
丹銅 銅と亜鉛とが95:5 の割合になっている合金
七宝加工バッジの基台に使われる
丹銅七宝 丹銅材を型打ちして、抜いた生地に七宝を入れた物
チーク材 東南アジアに分布し、木目は通直・重硬・割れ反りが少ない木材
蓄光 蓄光とは、日常の太陽光・蛍光灯等の光を蓄え、暗所にて光を放つ物質
蓄光体は大きく分けて「硫化物」と「酸化物」の2種類がある
〈硫化物〉
基本的に硫化亜鉛に銅を結合させた物
発色は数種類あるが、初期輝度が低く、残光が短い
硫黄の様な刺激臭が強い
〈酸化物〉
アルミン酸ストロンチウム(アルミニウムとストロンチウム)に他の金属を結合させた物
発色は「グリーン」と「ブルー」の2種類で、初期輝度が高く、残光が長い
放射性物質などの有害物質は一切含まれていない
注染 何枚も布を折返しつつ、型で防染糊をおき、染台の上で染液を注ぎこんで染める
数のある綿布製の旗・のぼり・伴天・手拭・ゆかた・ふろしき等を染める方法のひとつである
ツイル テトロン生地で綾織した物で、光沢があり、日光、雨露にも強い生地
2D加工 光学ガラス内部にレーザー光線を用い、特殊加工で点の集まり(ドット)にて平面物を作り上げていく事
付匁 貴金属製品に対して使用され、完成品の貴金属だけの総重量の事
京都西陣特産、絹糸で織りだした最高級の絹織物
旗用生地としては高級品に使用する
綴織・琥珀・綾錦の順
ツボ メダル・キーホルダー等をつなぎとめる部品、共ツボと異なり、ロー付けで本体に取り付ける
手形 一定の金額の支払いを目的とする有価証券
一定の期日、場所を要件として、一定の金額を支払うべき事を委託し、又は約束する証書
為替手形と約束手形の2種類がある
手形割引 銀行で、手形をその記載金額から支払期日までの利子と手数料を引き去って買い入れる事
手刺繍 本金糸、改良金糸、改良銀糸、絹糸等を使用して、手縫いで表面を縫って止めていく加工方法
中にフエルト等、芯を入れて盛り上げる事が出来る
手彫版 版下の上にローを塗り、原紙(ニス紙)を貼り合わせ、柄や文字を切り絵の様に切り抜いた物を熱でメッシュ布に貼り付けて作る版
手元房 旗用房の一種
旗の竿と本体(旗布)との継ぎ紐に引っ掛ける房状の飾り
天竺 木綿生地(綿100%)
20番手以上の太糸を 使った平織の綿生地で、実用経済的な屋外
用旗幕や伴天、のれん等に使用
転写加工 別の紙に印刷して、熱と圧力で布に写し替える加工方法
胴輪 旗の下部を旗竿に結ぶ為、旗竿に嵌込まれた輪環(わかん)付輪状金具(真鍮製)
塗装 サビを防ぐ為、製品の表面に化学物質を塗る事
土台 バッジ関係では、原型彫刻する鋼
鉄の土台を言う
共ツボ キーホルダー等を付けるツボ(丸い環)が本体と一体になっている物
取付け紐 旗竿と本体(旗布)を結ぶ為の紐(房付)
トロピカル テトロン系の生地
ポンジより厚手の物
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行