わ行(営業・管理・製造用語)

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
枠打ち 商品代金で、注文と同時に貰うその代金の前払い金全額又はその一部を指す
ワッシャー ボルトを締める時、ナットの下に挟む薄い金属板。ゆるみ止めや材料表面の保護の為に用いる
ワッペン 紋章、家紋を指す
ヨーロッパ中世の騎士の話に、あるテーマを決めて彫刻した物
封建時代に王候貴族が競って造った物であり、由緒深い物である
欧州では、未だに市章や、優勝楯等に踏襲されている
その後、階級、資格のEye cathe(r 目印)として登場、個人的な物に使われるのではなく、属している組織、グループ等で使われる
日本では1964年(東京オリンピック)頃から流行し始めた
腕章 洋服などの腕部に付ける(巻く)、主として布製の腕輪
材質、仕上げ、仕立等により数種類ある
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行