世界選手権[陸上競技]

世界陸上競技選手権大会( IAAF World Championships in Athletics)は、奇数年で開催される陸上競技で、世界最高峰の大会。

通称「世界陸上」(日本テレビ中継時代に最初に用いられた呼称。TBSが独占中継を始めた後もこの略称を使用)・「世陸」(「世界陸上」と共に、TBSで使用される呼称)。

1980年のモスクワオリンピックの西側諸国のボイコットを機に新設され、1983年にヘルシンキで第1回大会が開催されて以降、当初は4年ごとに開催されていたが、1991年の東京大会以降は2年ごとに開催されている。

当初はヨーロッパ地域での開催が多かったが2005年のヘルシンキ大会以降現時点ではアジア(五輪前年の大会)とヨーロッパ(五輪翌年の大会)の交互開催となることが2017年まで決定している。

オリンピックよりも世界記録や参加する国と地域の総数が多く(2004年のアテネオリンピックの202に対し、2003年のパリ大会では210)、歴史は浅いが陸上競技では最高峰の大会である。

 1983年のヘルシンキ大会から2009年のベルリン大会まで12回の大会で通算538の競技が行われ、合計1615個のメダルが授与されている。
そのうち、アメリカ合衆国選手団は国別で最多となる250個のメダルを獲得し、金メダル数では120個で他国を圧倒している(銀メダル66個、銅メダル64個)。

メダル獲得総数・金メダル数とも2位はロシア連邦で、男子長距離走で有力な選手を多く揃えるケニアが金メダル数で3位となっている。
また、今までに89の国や地域(現存しないものも含む)の選手がメダルを獲得し、そのうち60の国や地域(承前)では金メダルを獲得している。

同着などの理由により、授与メダル数は金メダル538個、銀メダル542個、銅メダル535個とばらつきがある。

2011年の大邱大会では男子ハンマー投げの室伏広治選手が金メダルを獲得している。

世界陸上2011大邱大会(公式・英語)
世界陸上2011大邱大会・TBSサイト