世界選手権[アメリカンフットボール]

アメリカンフットボールとは、フットボールの一種であり、楕円形のボールを用いて、2つのチームで得点を競い合うスポーツです。

アメリカンフットボール・ワールドカップは国際アメリカンフットボール連盟が主催する国または地域を代表して選出されるナショナルチームのアメリカンフットボールの世界一を決める大会です。

第4回大会から大会名が改称され、「IFAFアメリカンフットボール世界選手権」となりました。

第1回(1999年)および第2回大会(2003年)はいずれも日本代表が優勝した。ただし、本場であるアメリカ代表はこの2大会とも参加していなかった。アメリカ代表が初参加した第3回大会(2007年、川崎市)では、延長戦で日本を制したアメリカ代表が初優勝を遂げました。

なお、この大会のアメリカ代表はNFLに所属するプロは含まれておらず大学生などアマチュア主体のチーム構成であり、Xリーグの選手が主体のフル代表で望んだ日本代表とはチーム構成が異なります。