世界選手権[バレーボール]

バレーボール世界選手権(英語: FIVB Volleyball World Championship)は、国際バレー連盟が主催するバレーボールの世界大会で、国際バレーボール連盟が初めて作ったバレーボールの世界大会であり、最も伝統のある大会です。

全てのスポーツにある「世界選手権大会」の一つで、1952年大会からは4年に1度開催されています。

日本が世界選手権に初参加したのは1960年で、1962年の女子大会では日本がソ連を破り優勝しました。ここからしばらくの間、日本とソビエトの2強時代が続き、日本は1962年から1974年までの4つの世界選手権のうち3回金メダルを獲得しました。

また、出場国の数は何度も変更が行われており、現在世界選手権に出場できるのは全部で24カ国となっており、開催国と前回大会優勝国が出場できるほか、各大陸における予選を勝ち抜いた上位チームが出場することができ、出場できるチームの数の各大陸の内訳はFIVBランキングを元に決定されています。